楽天カードをゴールドに切り替えるタイミングと注意点

2019年8月11日

年会費無料で高還元率という優秀なクレジットカードである楽天カード。

この楽天カードを頻繁に利用している方の中には、楽天ゴールドカードへの切り替えに興味を持ち始めた方もいらっしゃるかもしれません。

ただし楽天ゴールドカードは年会費が掛かるため、誰にとってもお得というわけではなく、人によっては切り替えをすることで損をしてしまう可能性もあります。

そのため、

「切り替えるタイミングがよくわからない」

「年会費が掛かるし損しそう…」

というように楽天ゴールドカードへの切り替えを躊躇してしまう事もあると思います。

この問題は楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替えをする最適なタイミングを知ることで解決します。

具体的には

  • 楽天市場で年間どのくらい買い物をするか
  • 楽天ゴールドカードのメリットが自分に適しているか

まずこの2点について考えると良いでしょう。

この記事では楽天ゴールドカードに切り替える目安や注意点まで詳しく解説しています。

  • 楽天カードと楽天ゴールドカードの違いを知りたい
  • 楽天カードをもっとお得にしたい

このような方はぜひ参考にしてみてください。

人によっては楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えることでお得になります。

自分はお得になるのか、それとも損になるのか、この記事を読んで確かめてください。

そしてお得になると判断ができたらすぐに楽天ゴールドカードへ切り替えを行いましょう。

楽天ゴールドカードのメリット

楽天ゴールドカードは通常の楽天カードよりもワンランク上のクレジットカードです。

年会費は2,200円(税込)掛かりますが、その分通常の楽天カードよりも特典が多くなっています。

基本的なポイント還元率が1%という点は通常の楽天カードと同じですが、

  • 利用可能額が最高200万円(楽天カードは最高100万円)
  • 楽天市場で買い物をした時のポイントが最大5倍(楽天カードは最大3倍)
  • 年間2回、空港ラウンジを無料で利用可能
  • 楽天ETCカードが永年無料

このようなメリットがあります。

頻繁に楽天市場で買い物をする方や旅行、出張などで空港を利用することが多い方にとっては嬉しい特典ですね。

楽天ETCカードについては、楽天ゴールドカードでなくとも楽天の会員ランクが

  • ダイヤモンド会員
  • プラチナ会員

のいずれかであれば無料になるため、あまり気にする必要もないかもしれません。

楽天カードを楽天ゴールドカードに切り替える最適なタイミング

楽天市場で年間にどのくらい買い物をするかという点が、楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えをする1つの目安になります。

楽天市場で買い物をする場合には

  • 楽天カード → 最大3倍
  • 楽天ゴールドカード → 最大5倍

というように、楽天ゴールドカードは楽天カードと比べポイントが「+2倍」になります。

この「+2倍」のポイントが年間2,200ポイントを上回れば、楽天ゴールドカードの年会費2,200円を実質的に補うことができるため、損はしないことになります。

この+2倍とは「100円で2ポイント」という意味であり、2%と言い換える事もできます。

これを元に計算をすると

2,200(目指すポイント)÷ 0.02(2%)= 110,000円

このような結果になります。

つまり、楽天市場で年間110,000円以上を楽天ゴールドカードで支払う方であれば、楽天カードよりも楽天ゴールドの方がお得になります。

年間で110,000円ということは単純に考えると月に9,000円程です。

普段街で買っている日用品などを楽天で購入するようにすれば難しい条件ではないと思います。

また、上記の金額に達しないという方であっても、空港利用が多い場合は楽天ゴールドカードにする価値があるかもしれません。

楽天カードを楽天ゴールドカードに切り替える時の注意点

楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替えをする際にはいくつか注意点があります。

公共料金の支払いを切替前の楽天カードでしていたような方は、そのまま放っておくと支払いがされなくなってしまう可能性もあるので特に注意しましょう。

クレジットカード番号が変わる

楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えるとクレジットカード番号が変わります。

公共料金などを楽天カードで支払っていた場合には各社へ連絡し、登録カードを新しいものに変更する必要があります。

ただし、利用先によっては自動で新しいカードの情報に更新される場合もあります。

自動で更新される支払い先は以下の通りです。

東京電力関西電力中部電力
東北電力北陸電力九州電力
中国電力四国電力北海道電力
沖縄電力JXTGエネルギー大阪ガス
東邦ガス西部ガス静岡ガス
岡山ガス東京都水道局大阪市水道局
NTTドコモauSoftBank
Y!モバイル読売新聞朝日新聞
三井ダイレクト損害保険損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険セゾン自動車火災保険
アメリカンホーム医療・損害保険メディケア生命保険住宅金融支援機構
アクサダイレクト生命保険メットライフ生命保険エース損害保険
アクサ損害保険オリックス生命保険チューリッヒ保険
三井住友海上火災保険  

ただしauはJCBブランドのみが対象外、Softbankは切替のタイミングによっては手続きが必要など、自動で更新されな場合もあるため、自身が契約している会社に問い合わせをすることをおすすめします。

旧カードに付帯している家族カードは使用不可

楽天ゴールドカード到着後は切替前の楽天カードに付帯されていた家族カードも利用できなくなります。

引き続き家族カードを利用するためには、楽天e-NAVIで楽天ゴールドカードを追加登録した後に家族カードへの申し込みが必要です。

Edyの残高は自動移行されない

Edy機能が付いた楽天カードを楽天ゴールドカードに切り替えたとき、Edyの残高は自動移行されないため注意が必要です。

切替前にチャージ分を使い切っておくのが良いでしょう。

ただし、楽天Edyリーダーなどといった専用機器があれば、新しいカードにEdy残高を移行することもできます。

Edyオートチャージの解除手続きが必要

楽天ゴールドカードに切り替えをしても、旧カードのEdyオートチャージは解除されません。

切替前のカードでEdyオートチャージの登録をしている場合には事前にオートチャージを解除しておくようにしましょう。

ETCは引き続き利用可能

楽天ゴールドカードに切り替えた後も元々使用していたETCカードは引き続き利用可能です。

もう使えないと思い込み、捨ててしまわないように注意してください。

ETCカードに関しては特に手続きは必要ありません。

楽天カードから楽天ゴールドカードへの切替方法

楽天カードのホームページで現在お持ちの楽天カードを楽天ゴールドカードに切り替える事ができます。

楽天ゴールドカードへの切替手順1

↑楽天e-NAVIにログイン後、下にスクロールしていくと「カードのお申し込み」があるので、楽天ゴールドカードをタップします。

続いて「カンタン申し込み」をタップすると申込画面に移動します。

楽天ゴールドカードへの切替手順3

↑まずは楽天ゴールドカードの情報、切り替える対象のカードを再度確認しましょう。

楽天ゴールドカードへの切替手順4

↑下にスクロールすると登録済みの情報が表示されています。

確認し、変更点がある場合には「情報を変更する」から変更しましょう。

変更する必要がない場合は「楽天ゴールドカード基本情報の入力画面へ」をタップすると次へ進みます。

楽天ゴールドカードへの切替手順5

↑楽天ゴールドカードのブランドを選択します。

  • MasterCard
  • Visa
  • JCB

の中から好きなブランドを選びましょう。

楽天ゴールドカードへの切替手順6

↑暗証番号はカードを利用する時に必要になることがあるので忘れないようにしましょう。

誕生日など、特定されやすいパスワードは避けるのが無難です。

楽天ゴールドカードへの切替手順7

↑続いてEdyについてです。

Edyは無料で付帯されます。

オートチャージを利用したい場合にはここで設定しておくと良いでしょう。

楽天ゴールドカードへの切替手順8

↑楽天Edyからのお知らせが必要な方は「受け取る」、メールが届くのが嫌な方は「受け取らない」にチェックを入れましょう。

楽天ゴールドカードへの切替手順9

↑キャッシングを利用する場合はここで利用可能枠を設定します。

楽天ゴールドカードへの切替手順10

↑続いて審査の際に必要な情報を入力していきます。

楽天ゴールドカードへの切替手順11

↑全て入力したら「入力内容の確認へ」をタップしましょう。

楽天ゴールドカードへの切替手順12

↑最後に各規約に目を通し、同意欄にチェックを入れて「お申し込みを完了する」をタップすれば完了です。

楽天市場で年間110,000円以上使うなら楽天ゴールドカードはおすすめ

楽天ゴールドカードは年会費が掛かるため、切り替えをするかの判断は慎重にする必要があります。

楽天市場で年間110,000円以上使う方であればポイントで年会費分を補う事ができるため、切り替えをした方がお得という事になります。

しかし、人によって重視する点が違うと思いますので

  • 楽天市場の利用頻度
  • 海外旅行の頻度
  • 求めるカードデザイン

など様々な面を考慮した上で切り替えの判断をすると良いでしょう。

2019年8月11日楽天カード

Posted by optimistman