楽天カードを作るメリットとデメリット

2019年8月9日

楽天カードはテレビCMで見かける機会も多く、注目されやすいクレジットカードですが、

「楽天カードってどんなカード?」

「なんでこんなに人気なの?」

このように、まだ楽天カードの特徴がよく分かっていないという方もいらっしゃるかと思います。

楽天カードを一言で表すならば「作って損はないクレジットカード」です。

楽天カードは年会費無料で作れる上に、メリットが多く、日常的に利用するメインのクレジットカードとしても非常に優秀です。

また、新規入会キャンペーンでポイントを大量に獲得できるため、クレジットカードをあまり使わないという方でも作って損はありません。

  • どのクレジットカードを作るか悩んでいる
  • 楽天ポイントをたくさん貯めたい
  • 可愛いクレジットカードが欲しい

こういった方は、ぜひこの記事で楽天カードのメリットやデメリットを確認してみてください。

そして楽天カードの魅力に気が付いた方は実際に申し込みをしてみましょう。

楽天カードを手に入れれば、普段の買い物が今よりも便利でお得になりますよ。

楽天カードの基本情報

楽天カードとは、楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードです。

年会費無料で気軽に作れるため、クレジットカードを初めて利用するという方にもおすすめのカードです。

楽天カードの基本情報
年会費
永年無料
利用可能額
最高100万円
還元率
1%(100円につき1ポイント)
ブランド
Visa・MasterCard・JCB・AMEX
付帯機能
ポイントカード機能・Edy機能
サービス
家族カード・ETCカード
保険
カード盗難保険・海外旅行保険

年会費は永年無料

楽天カードは入会費、年会費などが一切なく、永年無料で使用できます。

他のクレジットカードの中には「初年度が無料、次年度以降は年間で〇〇円以上利用で無料」というように、条件付きで無料になるものもありますが、楽天カードにはそういった条件もありません。

申し込みが簡単

楽天カードはネットで簡単に申し込みができ、免許証のコピーや印鑑などを用意する必要はありません。

氏名や住所などといった基本的な情報や、年収、勤務先などを入力していくだけで審査が開始されます。

18歳以上であれば、主婦、パート、アルバイト、学生の方でも申し込むことが可能です。

審査にかかる時間は?

楽天カードは審査完了までがスピーディーで、早ければ数分で審査完了のメールが届くこともあります。

もちろん、審査にかかる期間は申込者や申込内容によっても異なります。

例えば

  • 申込内容に矛盾や不審な点がある
  • キャッシング枠を付けた
  • 収入がない

このような場合には審査に時間がかかりやすくなります。

楽天カードの締め日と支払い日はいつ?

楽天カードは基本的に月末が締め日、翌月27日が支払い日です。

ただし、楽天市場での利用分だけは毎月25日が締め日なので注意が必要です。

つまり、毎月26日~月末の間に楽天市場で購入した分に関しては翌々月27日の支払いになります、

楽天カードのメリット

楽天カード一番のメリットは楽天スーパーポイントが貯まりやすくなることです。

楽天スーパーポイントは「1ポイント=1円」と分かりやすく、使い道も豊富です。

もちろんその他にも、さまざまなメリットがあるので詳しく見ていきましょう。

新規入会キャンペーンでポイントを大量にもらえる

現在のキャンペーン情報
開催期間
常設
楽天カード入会特典
2,000ポイント(通常ポイント)
楽天カード利用特典
3,000ポイント(期間限定ポイント)
キャンペーンページ
楽天カード新規入会キャンペーン

初めて楽天カードを発行する方は、新規入会キャンペーンで大量のポイントを獲得できます。

キャンペーンでもらえるポイントは期間によって変動しますが、現在はカードの新規入会と利用で5,000ポイントがもらえます。

楽天カードをまだお持ちでない方はすぐに申し込みをしてポイントを獲得しましょう。

入会キャンペーンポイントはいつ付与される?

入会特典の2,000ポイントの受け取り方法ですが、楽天カードが手元に届いた後、楽天e-NAVIで登録と受け取り申請を行うと5営業日以内に付与されます。

一方で利用特典の3,000ポイントは初めて楽天カードを利用して買い物をした翌月の20日頃にもらうことができます。

どちらも入会手続きをしただけでは受け取ることができないという点に注意しましょう。

支払いで楽天スーパーポイントが貯まる

楽天カードで支払いをすると楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天スーパーポイントは『1ポイント=1円相当』として

  • 楽天市場での支払い
  • 街のお店での支払い
  • 楽天カードの支払い
  • 楽天証券で投資信託

など、さまざまな用途で使用できるポイントです。

ポイント還元率は?

楽天カードの基本的なポイント還元率は1%、つまり100円につき1ポイントを獲得できます。

普段の支払い方法を楽天カードに変えるだけで、ポイントがどんどん貯まっていきます。

メインのクレジットカードとして使っていくのに申し分ない性能といえるでしょう。

楽天市場で使うとさらにお得

楽天カードは楽天市場で使うとさらにお得です。

  • 楽天市場利用ポイント1倍(楽天市場の利用分)
  • 楽天カード利用通常ポイント1倍(楽天カードのポイント還元分)
  • 楽天カード利用特典ポイント1倍(楽天市場のSPU特典分)

このようにSPU(スーパーポイントアッププログラム)の特典ポイントが加算され、楽天市場で獲得できるポイントが3倍になります。

SPUとは?

楽天市場のポイントアッププログラム。条件を達成するごとにポイント倍率が上がっていき、最大で16倍になる。

関連記事
楽天市場のSPUとはポイントが最大16倍になるお得なサービス

カードデザインを選べる

好きなカードデザインを選べるのも楽天カードの特徴です。

楽天カードの通常券面

↑こちらが楽天カードの通常デザインです。

シンプルで使いやすいデザインが好みの方はこちらを選ぶと良いでしょう。

楽天カードのデザイン一覧
  • お買い物パンダデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン
  • FCバルセロナデザイン
  • ディズニーデザイン
  • YOSHIKIデザイン
  • ヴィッセル神戸デザイン

このように通常デザイン以外にも、さまざまなデザインが用意されているため、性別年齢問わず持ちやすいカードです。

ただし、デザインによって選べるカードブランドが異なる点には注意しましょう。

ポイントカード機能とEdy機能が一体化

楽天カードには楽天ポイントカード機能が付帯しており、さらに希望すればEdy機能も付帯できます。

便利な機能を1枚にまとめることで使いやすくなり、枚数も減るので財布の中をスッキリとさせることが可能です。

例えば、楽天ポイントの加盟店であるマクドナルドで使用する際には

  1. 楽天カードのポイントカード機能でポイントを貯める
  2. 楽天カードでクレジットカード決済をする

という一連の流れを1枚のカードで行えるようになります。

海外旅行傷害保険や盗難保険が付帯

楽天カードはトラブル時のサポートも充実しています。

海外旅行に行く際、出国前に

  • 自宅から空港までの交通費
  • 旅行会社が企画したツアー等の代金

このいずれかを楽天カードで支払っている場合に海外旅行傷害保険が適用となります。

傷害死亡・後遺障害
最高額:2,000万円
傷害治療費用
1事故の限度額:200万円
疾病治療費用
1疾病の限度額 :200万円
賠償責任
1事故の限度額:2,000万円
救援者費用
年間限度額:200万円
携行品損害
年間限度額:20万円

この他、カードを盗難された場合に不正利用の損害金額を補償してくれる「盗難保険」も付帯しているので万が一の時も安心です。

ハワイラウンジが無料で利用できる

楽天カード保有者とその同伴者はハワイにある「ワイキキラウンジ」と「アラモアナラウンジ」を無料で利用できます。

ラウンジでは日本語が話せるスタッフが常駐しており

  • カードの紛失や盗難に関する相談
  • 荷物預かりサービス
  • 傘のレンタル
  • 授乳室
  • キッズスペース
  • ベビーカーのレンタル

など、さまざまなサービスを受けることができます。

引落口座を楽天銀行にすると普通預金金利が2倍に

楽天銀行は楽天カードの引き落としがある場合、普通預金金利が2倍になります。

楽天銀行の通常の普通預金金利は年0.02%なので、年0.04%になるということです。

ただでさえ他行と比べて金利が高い楽天銀行がさらにお得になるので、楽天カードの引落口座は特に理由がなければ楽天銀行にするのが良いでしょう。

入会後のキャンペーンも豊富

楽天カードのキャンペーンというと新規入会キャンペーンの印象が強いですが、その他にもさまざまなキャンペーンを定期的に開催しています。

例えば、毎月開催している「抽選で全額ポイント還元!」というキャンペーンがあります。

これは期間中にエントリーをして、楽天カードを2,500円以上利用すると、抽選で100名に最大50,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンです。

抽選なので必ずもらえるわけではありませんが、ワクワクできるキャンペーンです。

こういった抽選でポイントがもらえるキャンペーンの他、

  • 楽天市場で楽天カードを20,000円以上利用すると街でのポイントが2倍
  • 特定の店舗で楽天カードを使うとポイント還元率アップ
  • 電気料金・ガス料金の支払い方法を楽天カードにすると1,000ポイントプレゼント

などさまざまなお得なキャンペーンがあります。

楽天e-NAVIを定期的に確認し、良いキャンペーンを見つけたら必ずエントリーをしておきましょう。

楽天カードのデメリット

楽天カードを使う上で、人によってはデメリットと感じるかもしれない点もご紹介しておきます。

メリットとデメリットの両面を知り、楽天カードを総合的に評価しましょう。

メールが増えやすい

これは楽天カードに限らず楽天全般に言えることですが、お知らせやメールマガジン等が多いためにメールが頻繁に届くようになります。

楽天カード株式会社から届くメールは主に

  • キャンペーンのお知らせ
  • カード利用のお知らせ

といったメールです。

これに加えて他の楽天グループやショップのメールマガジンなどがあるので気がついたら受信ボックスが楽天関係で埋め尽くされる事もあります。

メールマガジンが多い場合は

  • 楽天市場での商品購入時
  • キャンペーンエントリー時

といったタイミングで同時に登録している可能性が高いです。

不要なメールマガジンはチェックを外し登録をしないことを心がけると多少は減らせると思います。

ただし、メルマガの購読がキャンペーンの条件になっていることもあるため、条件を確認した上で判断するようにしましょう。

他のメールが埋もれてしまわないように楽天専用のメールアドレスを作るのもおすすめです。

ステータスが高いカードではない

楽天カードはお得さが売りであり、どちらかといえば、バリバリのビジネスマンよりも大衆向けといった印象が強いです。

中にはレジで楽天カードを出すのが恥ずかしいと感じる方もいらっしゃるようです。

周りの目や体裁を気にする方には楽天カードは不向きかもしれません。

年会費はかかりますが、楽天カードの上位カードである「楽天ゴールドカード」「楽天プレミアムカード」という選択肢もあります。

また、選ばれた人しか持てない「楽天ブラックカード」という最上位カードも存在します。

楽天カードは作って損はないクレジットカード

楽天カードはポイント還元率が1%と高く、その上ポイントを支払いに使うこともできるため、汎用性が非常に高いクレジットカードです。

  • ただ新規入会ポイントが欲しい
  • 楽天市場で買い物をすることが多い
  • カードデザインが気に入った
  • とにかくクレジットカードを持ちたい

このような些細な理由であっても、気軽に申し込みをしてみましょう。

年会費や発行手数料がかからないため、作って損をすることはありません。

2019年8月9日楽天カード

Posted by optimistman